家庭内の注意 新型インフルエンザ対策ガイド


新型インフルエンザ対策ガイド

Web サイト

TOP ディレクトリ サイトマップ プロフィール ご利用条件 お問合せ
新型インフルエンザTOP 知識  感染 流行 予防 治療 回避 対策 企業と行政

家庭内の注意

カテゴリー
TOP
新型インフルエンザの知識
新型インフルエンザとは
鳥インフルエンザとは
ウィルス全般について
ウィルスの宿主
ウィルスの苗床
ウィルスの変異
連続変異と不連続変異
新型ウィルスの誕生
ウィルスの亜型
ウィルスの構造
新型ウィルスの毒性
新型インフルエンザの感染
症状
感染のプロセス
飛沫感染と空気感染
免疫について
免疫の仕組み
新型インフルエンザの流行
流行の規模
社会の混乱
過去の大流行
スペイン風邪
アジア風邪
香港風邪
ソ連風邪
大流行の周期
流行発生の時期
流行発生の場所
新型インフルエンザの予防
ワクチンの必要性
ワクチンの開発
ワクチンの効果
ワクチンの製造法
新型インフルエンザの治療
迅速診断キット
抗インフルエンザ薬
アマンタジン
ノイラミニダーゼ阻害薬
タミフル
タミフルの副作用
リレンザ
新型インフルエンザの回避
日常生活と行動
外出時の注意
家庭内の注意
室内環境
体調管理
公衆マナー
新型インフルエンザの対策
グッズ
N95マスク
N95マスクの用法
手洗い
うがい
消毒
エタノール消毒
空気清浄機
加湿器
超音波加湿器
気化式加湿器
企業や行政の責任
交通機関
航空機
船舶・クルーズ
医療機関・福祉施設
学校
職場・オフィス
集合住宅

■ 家庭内の注意


※このページはご利用条件をご覧になってからお読み下さい。

風邪でもそうですが、家族の誰かがインフルエンザに感染すると、あっと言う間に家族全体に広がってしまう場合があります。

風邪なら2〜3日寝ていれば治りますが、鳥インフルエンザの場合は生命を脅かす危険性もあるため、より注意が必要です。

そこでまず心がけたいのは、日常用品の共用を避けることです。

例えば、タオル、手ぬぐいを共用している家庭は多いと思いますが、個人個人で別のものを使うようにしましょう。タオルについたウィルスが、口や喉から侵入してくる恐れがあります。

次に食事についてですが、大皿の料理が出た場合は、給仕用の箸を使うようにしましょう。数年前に中国でSARSが流行したことがありましたが、大皿から直接箸でつまむ中華料理の習慣があったため感染が拡大したとも言われています。

その次に手洗いです。帰宅後や、ペットを触った後、トイレの後、食事の前は必ず石鹸で手を洗うようにしましょう。

更に、家庭内に感染者が現れた場合は、部屋を隔離するべきでしょう。また介抱する際は、マスクをつけるようにしましょう。かわいそうかもしれませんが、感染拡大を防ぐにはやむを得ないことです。

そしてここまでやっている方は非常に少ないと思いますが、鼻をかんだティッシュはゴミ箱にそのまま捨てずに、ビニール袋に入れて密封した上で捨てましょう。またできるだけ早くゴミ捨て場に移動してしまった方がいいです。

それから、衣服についてですが、外出から戻った際には、日なたに干したり、エタノールなどで消毒するといいのですが、それほど神経質になることもないようです。



→ 次のページは、室内環境 です。

新型インフルエンザの回避
日常生活と行動
外出時の注意
家庭内の注意
室内環境
体調管理
公衆マナー


Copyright (C) 2005 新型インフルエンザ対策ガイド All Rights Reserved. This document maintained by ガイダンス・・オンライン